covid19 delta variant

海外ニュース:デルタ変異株に対するCovid-19ワクチンの有効性

2021年7月21日

インドから英国へと広がったデルタ変異株についての英国の研究で、ファイザーワクチンを2回接種した人の従来型のアルファ株に対する有効性は94%で、新しいデルタ変異株に対する有効性は88%ということが明らかにされました。

背景

2019年Covid-19を引き起こすウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のデルタ変異体(B.1.617.2)は、インドでの症例の急増に寄与しており、現在、英国での症例の顕著な増加を含め、世界中で検出されています。この変異株に対する新型コロナワクチンBNT162b2(Pfizer/BioNTech)およびChAdOx1nCoV-19(Oxford/AstraZeneca)ワクチンの有効性は不明でした。

方法

テストネガティブケースコントロールデザインを使用して、デルタ変異株または優勢株(B.1.1.7、またはアルファバリアント)によって引き起こされる症候性疾患に対するワクチン接種の有効性を、デルタ変異株が循環し始めた期間にわたって推定しました。シーケンシングを使用し、スパイク(S)遺伝子の状態に基づいてバリアントを特定しました。英国におけるCovid-19のすべての症候性シーケンス症例に関するデータを使用して、患者のワクチン接種状況に応じて、いずれかの変異株の症例の割合を推定しました。

結果

オクスフォード・アストラゼネカワクチン(ChAdOx1 nCoV-19/Oxford-AstraZeneca)またはファイザーバイオンテックワクチン(BNT162b2/Pfizer-BioNTech)の1回投与後の有効性は、アルファ変異株(48.7%; 95%CI、45.5〜51.7)に対する結果は両方のワクチンで類似していました。 ファイザーバイオンテックワクチンでは、2回接種の有効性はアルファ変異株では93.7%(95%CI、91.6〜95.3)、デルタ変異株では88.0%(95%CI、85.3〜90.1)でした。 オクスフォード・アストラゼネカワクチンでは、2回の接種の有効性はアルファ変異株の患者では74.5%(95%CI、68.4〜79.4)、デルタ変異株の患者では67.0%(95%CI、61.3〜71.8)でした。

結論

2回のワクチン投与を受けた後のアルファ変異株と比較して、デルタ変異株ではワクチン有効性にわずかな違い(88% vs 74.5% )しか見られませんでした。ワクチンの有効性の絶対的な違いは、最初の投与を受けた後により顕著でした。この発見は、脆弱な集団において、ワクチンの摂取を最大化するために、2回ワクチン投与する努力を支持するでしょう。  (Funded by Public Health England.)

 

Source: DOI: 10.1056/NEJMoa2108891

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider