News

海外ニュース:ある家族の突然変異を研究することで膵臓がんの治療と予防が変わる可能性

Lets win studying familial PC

海外ニュース:ある家族の突然変異を研究することで膵臓がんの治療と予防が変わる可能性

著者:ヌーノリビエロ;

2019年10月30日

今日、最も処方されている薬の1つは、1つの家族の遺伝性疾患を研究することで作られました。現在、研究者は膵臓がんの治療のために同じことをするために遺伝学を研究しています。ボストンにあるダナファーバー癌研究所とブリガムヤングウィメンズ病院の癌遺伝学者であり胃腸科医であるSahar Nissim博士は、すでに素晴らしいスタートを切っています。

彼のチームは、膵臓がんの親族が5人、他のがんに疾患した家族が複数いる1つの家族を調査した結果、家族のがん素因を説明する新しい突然変異が発見しました。この知識は、膵臓がん患者集団のほぼ90%を占めるKRAS変異を標的とする治療法の開発に対する重要な手がかりと新しい方法を提供する可能性があります。

続きを読む...

海外ニュース:膵臓がんの早期発見ー液体生検/血液検査

LetsWin Early Detection

膵臓がんの液体生検/血液検査 -「膵臓がんの早期発見」

バート・フォーゲルシュタイン医学博士とジョンズホプキンス・キンメルがんセンターが率いる研究者たちは、膵臓がんのほか、卵巣がん、肝臓がん、胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、乳がんの存在を検出できるCancerSEEKと呼ばれる血液検査を設計しています。この検査は、初期がんの存在を特定するだけでなく、がんの発生源である臓器を特定する能力も備えています。膵臓がんの血液スクリーニング検査を開発することは、長期的な生存に大きく役立ちます。

続きを読む...

海外ニュース:膵癌のナノナイフ治療に焦点を当てるDIRECT試験

Letswin DIRECT

膵癌のナノナイフ治療に焦点を当てるDIRECT試験

2020年6月19日

膵臓がん患者の生活の質を改善することを期待して、新薬、新薬の組み合わせ、分子標的治療、および免疫療法などがすべて研究されています。

研究者たちは、薬物療法に加えて、医療機器がどのように役割を果たす可能性があるかについても検討しています。そのようなデバイスの1つは、ナノナイフ(NanoKnife)というの不可逆的エレクトロポレーション(IRE)システムです。これは、複数のニードルプローブを使用してパルス状の低電流、高電圧の電気エネルギーを供給し、腫瘍細胞を破壊する低侵襲テクノロジーです。 2008年、この技術はFDAにより軟組織の外科的アブレーションについて承認されました。現在、局所進行ステージIIIの膵臓がん治療を目的としたダイレクト(DIRECT)と呼ばれる多施設共同臨床試験が行われています。

続きを読む...

ASCO:膵癌の免疫療法を改善する新しい治療法

ASCO:膵癌の免疫療法を改善する新しい治療法

著者: キャロライン・ヘルウィック

2020年4月10日

新しいクラスの阻害剤は、チェックポイント阻害剤への反応を高めるため、膵臓がんなどの免疫原性の低い腫瘍に対する免疫療法の効果を高める可能性があります。この新しい阻害剤は、多くの腫瘍タイプの細胞膜に発現する糖タンパク質であるセマフォリン4D(SEMA4D)を標的としています。 セマフォリン4D (SEMA4D)は免疫抑制性の腫瘍微小環境と関連しており、それを阻害する抗体は、微小環境をより免疫原性のある状態に反転させることで、HOTな状態にすることができると考えられています。

2020年のASCO-SITC臨床免疫腫瘍学シンポジウムでは、進行性非小細胞肺癌(NSCLC)で第Ib / II相臨床試験の中間結果が報告され、膵臓癌の前臨床試験も同時に報告されました。膵臓癌は免疫療法で治療することは非常に困難である(COLDな状態である)ことが知られています。今回の初期段階の発表は、期待できる内容でした。

続きを読む...

AACR:プラチナ化学療法は一部の転移性膵臓がん患者の生存を改善する

AACR HR

AACR:プラチナ化学療法は一部の転移性膵臓がん患者の生存を改善する可能性

2020年5月22日

著者:メモリアルスローンケタリングキャンサーセンター(MSKCC)の腫瘍内科医アイリーン・オライリー博士、ウンギ・パーク博士

 

背景:転移性膵臓がんは、困難な予後と関連しており、相対5年生存率は2.9%です。転移性膵臓がんの現在の標準治療には、プラチナベースの化学療法が含まれます。 しかし、「残念ながら、どの患者が標準的な治療から恩恵を受ける可能性があるかを予測する検証済みのバイオマーカーはありません」とオライリー氏は述べています。

続きを読む...

海外ニュース:免疫療法併用膵がんセカンドラインの臨床試験(モチキサフォルチド)

BL8040

海外ニュース:免疫療法併用セカンドライン治療の臨床試験(モチキサフォルチド)

~ペンブロリズマブ、モチキサフォルチド、オニバイド/5FU/LEV併用COBAT試験~

2020年5月26日

膵臓がんの長期生存率は少しずつ改善されていますが、まだ非常に困難な状況です。
特に難しい研究分野の1つが免疫療法です。 メラノーマや肺がんなど、他のがんは免疫療法でいくつかの驚くべき進歩を遂げていますが、膵臓がんは依然として頑固に難しいままです。 この有効性の欠如の1つの理由は、膵臓がんが非免疫原性になる傾向があるためです。 つまり、がんは強い免疫反応を引き起こしません。 科学者はしばしば膵臓がんを「冷たい」と呼びます。 彼らの目標は、腫瘍を免疫療法の影響を受けやすくする、つまり「熱い」状態にすることです。

続きを読む...

AACR:データにみるコロナ感染とがんの関係

CancerToday COVID19 and Cancer

がん登録データに見るCOVID-19とがんの関係


~データは、コロナウイルスに感染したがん患者の死亡の危険因子を明らかにしています~

2020年5月28日

著者 ケイト・ヤンデル

医療専門家は、がんの患者がCOVID-19の重症例に特に脆弱である可能性があることを懸念しています。がん患者は高齢になって罹る傾向があり、複数の健康上の問題もあります。どちらの条件も、誰ががんにかかっているかどうかに関係なく、COVID-19による死亡リスクの増加に関連する要因です。医師はまた、がん患者が頻繁に通院しなければいけないことから、病院やクリニックなどでは感染の可能性を減らすための対策を講じているにもかかわらず、コロナウイルスへの曝露のリスクが高まる可能性があることを心配しています。また、医師たちは、がん自体やがん治療による患者の免疫系の変化がリスクを高める可能性があるかどうかも疑問に思っています。

COVID-19に感染したがん患者のアウトカムに関するデータを収集する2つのグループが、オンライン上で開催されている2020年米国臨床腫瘍学会(ASCO)バーチャル年次総会で5月30日の新しいデータを発表します。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider