Webinar

【パンキャンTV】膵臓がん早期発見セミナーシリーズ2022神奈川セミナー「神奈川県の早期診断プロジェクトと膵臓がん治療の最前線」

『[パンキャンTV] 膵臓がん早期発見シリーズ2 神奈川セミナー「神奈川県の早期診断プロジェクトと膵臓がん治療の最前線」Web開催』
 今年5回シリーズで開催する「膵臓がんの早期発見セミナーシリーズ」第2回目の神奈川セミナーでは、川崎市民病院を中心に進む「川崎市南部地域の早期診断プロジェクト」、また「横浜市の早期膵がん発見の取組み」として、横浜市立大学附属病院での10㎜以下の膵嚢胞の患者さんの治療データによる解析、横浜労災での早期膵癌プロジェクトの成果等をご紹介します。膵臓がん治療として、JCOG事務局でもある神奈川県立がんセンターから、重粒子線治療、ゲノム医療、DNAによる早期発見への研究など、膵臓がん治療・研究のまさに最前線をご紹介する充実のプログラムです。ぜひご視聴ください。この下の左側にあるサムネイルをクリックするとビデオ講座が始まります。
kanagawa20220529
■プログラム
●第1部 講演
 座長: JA尾道総合病院 副院長 花田敬士先生
 講演1「膵癌早期診断プロジェクト 川崎市南部地区における取組み」
  川崎市立川崎病院 消化器内科 井上健太郎先生
 講演2「地域医療構想から見た横浜市の早期膵がん発見の取組みと現状」 
  横浜市立大学附属病院 内視鏡センター長 窪田賢輔先生
 講演3「膵臓がん治療の最前線ー重粒子線、ゲノム医療など」
  神奈川県立がんセンター 消化器内科 部長 上野 誠先生
●第2部 パネルディスカッション
  パネリスト 花田敬士先生、ご登壇の先生方

 

 

【パンキャンTV】膵臓がん早期発見セミナーシリーズ2022キックオフセミナー「尾道方式を知る」

【パンキャンTV】膵臓がん早期発見セミナーシリーズ2022キックオフセミナー「尾道方式を知る」

「膵臓がん早期発見セミナーシリーズ」として、今年、国内の5つでの地域でのプロジェクト・研究などをご紹介いたします。 キックオフセミナーとして、日本の膵臓がんの早期発見を牽引し、多くの地域のモデルとなっている 広島県の「尾道方式」を取り上げます。ぜひご視聴ください。この下の左側にあるサムネイルをクリックするとビデオ講座が始まります。

PanCAN TV AMT thumbnail 1 Yamada

膵臓がん早期発見セミナーシリーズ

 2022年、パンキャンジャパンでは、日本5都市で展開する「膵臓がん早期発見プロジェクト(PJ)」を取り上げ、膵臓がんの生存率改善と啓発を目指す「早期発見セミナーシリーズ」を予定しています。キックオフとなる4月30日(土)のセミナーでは、広島県で進む「尾道方式」にフォーカスします。膵臓がんのハイリスクの方に着目し、ステージ0や1での早期発見を可能にしている尾道方式について、JA尾道総合病院 副病院長の花田敬士先生、尾道市 健康推進課の岡野智佐子先生、正岡クリニック 院長の正岡智子先生をお迎えして、「拠点病院、行政、プライマリーケア」それぞれの立場から解説いただきます。膵臓がん早期発見を進めたいとお考えの地域の方にも有効な情報になる講演になるかと存じます。膵臓がんのハイリスクの方、ご家族、ご遺族をはじめ、医療関係者の皆様、行政の皆様にもぜひご視聴、ご参加頂ければ幸いです(2022年度の本シリーズでは、尾道方式、神奈川、大阪、沖縄、仙台の5都市の早期発見PJを解説します)。

*一般社団法人芳心会「2021年度第2期助成金」により開催いたします。

 

 

【パンキャンTV】膵臓がんに対する粒子線治療(重粒子線、陽子線治療)

【パンキャンTV】膵臓がんの粒子線治療

2022年4月1日から膵臓がん治療に重粒子線治療が保険償還されたことにより、膵臓がんをピンポイントに強力にたたく重粒子線治療をこれまでよりも経済的な負担少なく受けることができるようになりました。しかし、重粒子線治療といえども万能ではなく、これから重粒子線治療を考えたい膵臓がん患者さんが知るべき「得て不得手」があります。これまでも膵臓がんに対して重粒子線治療を数多く行ってきた兵庫県立粒子線医療センター院長の沖本智明先生にお話しを伺いました。標準療法の一環として受けられる膵臓がんの粒子線治療(重粒子線治療・陽子線治療)について、ぜひご視聴ください。この下の左側にあるサムネイルをクリックするとビデオ講座が始まります。

PanCAN TV AMT thumbnail 1 Yamada

◆重粒子線治療の特徴

 がんの放射線治療に使われる放射線にはX線やγ線などの「光子線」と中性子線、陽子線、重粒子線を含む「粒子線」があります。X線による治療は多くの医療機関で行われています。重粒子線は全国の限られた施設でのみ行われている治療です。

 粒子線治療には陽子線治療と重粒子線治療がありますが、兵庫県立粒子線医療センターは陽子線治療と重粒子線治療(炭素イオン線治療)ができる世界初の施設です。開設以来9,000例を超える国内屈指の実績があります。

 2022年から膵臓がん治療が保険診療の適応となった重粒子線治療は通常の放射線治療に比べ、がん組織だけを選択的にたたき、しかも、エネルギー量が大きく強いがん細胞に有効という特徴があります。またX線は身体に入ると徐々に減衰しますが、重粒子線は身体の中でピークを形成します(ブラッグ曲線)。身体内のがん組織にこのピークを形成するようにして、より大きなダメージをがんに与えることができます。

 

膵がんの先進的な治療について紹介する「膵臓がん先進医療シリーズ(Advanced Medical Therapy)」がスタートしました。パンキャンジャパンでは、米パンキャン本部と一緒に皆様の治療の選択肢が増えるよう、膵がんを抑えるよい治療が見つかるよう、継続して膵がん撲滅活動を続けております。皆様が元気に過ごすことができますよう、皆様とご一緒に膵がん研究者を支援して、膵がん撲滅活動を進めることができれば幸いです。

4月30日「膵臓がん早期発見セミナーシリーズ① 「尾道方式」を知る―膵臓がんハイリスクの方を早期発見に導く 医療ネットワーク と がんの兆候の拾い上げシステム」』

『[イベント] 4月30日「膵臓がん早期発見セミナーシリーズ① 花田敬士先生をお迎えして「尾道方式」を知る―膵臓がんハイリスクの方を早期発見に導く 医療ネットワーク と がんの兆候の拾い上げシステム」』

2022年、パンキャンジャパンでは、日本5都市で展開する「膵臓がん早期発見プロジェクト(PJ)」を取り上げ、膵臓がんの生存率改善と啓発を目指す「早期発見セミナーシリーズ」を予定しています。キックオフとなる4月30日(土)のセミナーでは、広島県で進む「尾道方式」にフォーカスします。膵臓がんのハイリスクの方に着目し、ステージ0や1での早期発見を可能にしている尾道方式について、JA尾道総合病院 副病院長の花田敬士先生、尾道市 健康推進課の岡野智佐子先生、正岡クリニック 院長の正岡智子先生をお迎えして、「拠点病院、行政、プライマリーケア」それぞれの立場から解説いただく予定です。膵臓がん早期発見を進めたいとお考えの地域の方にも有効な情報になる講演になるかと存じます。膵臓がんのハイリスクの方、ご家族、ご遺族をはじめ、医療関係者の皆様、行政の皆様にもぜひご参加頂ければ幸いです。(2022年度の本シリーズでは、尾道方式、神奈川、大阪、沖縄、仙台の5都市の早期発見PJを解説します。)ご興味のある方は以下をご参照ください。

*記事のシェア等で、告知にご協力いただけますと幸いです。
*本イベントは、一般社団法人芳心会「2021年度第2期助成金」により開催いたします。

続きを読む...

【パンキャンTV】膵臓がんの重粒子線治療(4月に保険償還)

【パンキャンTV】膵臓がんの重粒子線治療

いままでは、先進医療として行われてきた膵臓がんの重粒子線治療ですが、今年の4月から保険償還され、膵臓がんの標準治療として受けることが可能となりました。手術による根治的治療法が困難である膵臓がん患者さんに陽子線と重粒子線治療が適応となる予定です。陽子線と重粒子線の一番の違いは、粒子線の広がりが陽子線は広く、重粒子線は狭いという事です。膵頭部がんのように、がんの近傍に十二指腸、胃、小腸が存在する場合、これらの臓器に起こる放射線障害を抑えるためには、重粒子線の方が腫瘍に強く照射出来るという事になります。膵頭部がんに対しては、陽子線より重粒子線の方が治療成績が良好という研究成果もでています。

膵臓がんの重粒子線治療について、保険償還に向けた臨床研究を進めてくださったのが、世界的な権威の山田滋先生です。標準療法の一環として受けられる膵臓がんの重粒子線治療について、ぜひご視聴ください。左側のサムネイルをクリックするとビデオ講座が始まります。

 

PanCAN TV AMT thumbnail 1 Yamada

【膵臓がんの重粒子線治療】

膵臓がんの治療には、手術療法、化学療法、放射線療法がありますが、膵臓がんは放射線療法に耐性があると言われていて、治療効果は限定的とみられてきました。そこに登場したのが日本で開発され、実用化された重粒子線治療です。従来の放射線の3倍の威力がある重粒子線で治療された膵臓がんは壊滅し、術前化学放射線治療で重粒子線を使用した研究がありますが、膵臓がんを手術で摘出した外科医が跡形もなくがん細胞が死滅していたと言います。現段階では、先進医療として行われている膵臓癌の重粒子線治療ですが、保険償還に向けて研究を進めてくださっているのが、世界的な権威の山田滋先生です。ぜひご視聴ください。

 

膵がんの先進的な治療について紹介する「膵臓がん先進医療シリーズ(Advanced Medical Therapy)」がスタートしました。パンキャンジャパンでは、米パンキャン本部と一緒に皆様の治療の選択肢が増えるよう、膵がんを抑えるよい治療が見つかるよう、継続して膵がん撲滅活動を続けております。皆様が元気に過ごすことができますよう、皆様とご一緒に膵がん研究者を支援して、膵がん撲滅活動を進めることができれば幸いです。

 

 

【パンキャンTV】先進医療シリーズAdvanced Medical Therapyー膵がん治療の最前線

【パンキャンTV】膵臓がん先進医療シリーズ(PanCAN TV) Advanced Medical Therapy

膵がんの先進的な治療について紹介する「膵臓がん先進医療シリーズ(Advanced Medical Therapy)」がスタートしました。視聴されたい講演のサムネイル(画像)をクリックすると、動画を視聴できます。

 

PanCAN TV AMT thumbnail 1 Yamada

【膵臓がんの重粒子線治療】膵臓がんの治療には、手術療法、化学療法、放射線療法がありますが、膵臓がんは放射線療法に耐性があると言われていて、治療効果は限定的とみられてきました。そこに登場したのが日本で開発され、実用化された重粒子線治療です。従来の放射線の3倍の威力がある重粒子線で治療された膵臓がんは壊滅し、術前化学放射線治療で重粒子線を使用した研究がありますが、膵臓がんを手術で摘出した外科医が跡形もなくがん細胞が死滅していたと言います。現段階では、先進医療として行われている膵臓癌の重粒子線治療ですが、保険償還に向けて研究を進めてくださっているのが、世界的な権威の山田滋先生です。ぜひご視聴ください。

 PanCAN TV AMT thumbnail 2 Moriyasu  

【膵臓がんとナノナイフ治療】手術適応になる患者さんは約2割と言われていますが、膵臓近くの大きな血管とかリンパ節に拡がっているがんの場合、手術で取り除くことはできません。そのような患者さんに朗報です。米国で開発されたナノナイフ(不可逆電気穿孔法)治療が膵臓がんにも登場しました。国際医療福祉大学山王病院の森安史典先生が保険適応に向けた臨床データ収集を進めています。ナノナイフ治療は、腫瘍のまわりにCT画像下で外から数本の電極針を刺し、電極針の間に3,000ボルトの高電圧の直流電流を1万分の1秒という極めて短時間流すことで、針の間にある膵臓がん細胞を死滅させます。腫瘍が血管に隣接しているために切除不能と言われた患者さんにも適応できることから期待されています。ぜひご視聴ください。

 
PanCAN TV AMT thumbnail 3 Satoi

【腹膜播種膵癌に対する多剤併用療法の腹腔内投与】従来、腹膜播種の患者さんには、全身治療として化学療法が適応されてきました。しかし、腹膜播種への治療効果は限定的であったため、里井先生の臨床研究グループは、S-1とパクリタキセルを腹腔内に直接投与する治療法を開発し、クラウドファンディングで資金を集め、全国の多施設において第3相試験を進めています。多剤併用療法を使い、抗がん剤をがん細胞に直接浴びせることで、いままで以上の治療効果が期待されています。ぜひご視聴ください

 PanCAN TV AMT thumbnail 4 Nagakawa  

【膵臓がんのロボット手術】膵臓がんの手術は、最も難しい手術のひとつと言われています。そのため、患者さんが安心して手術を受けられるようにと日本肝胆膵外科学会が認定医制度を始め、高度技能認定医、認定施設が誕生しました。また、膵癌診療ガイドラインでは手術適応の患者さんに、膵臓がんの手術を毎年多数行って実績のあるハイボリュームセンターを推奨しています。最近、膵臓外科医に新たなツールが登場し、保険償還されました。低侵襲ロボット支援手術機器ダヴィンチ(da Vinci Surgical System)です。ダビンチはロボット支援下手術の代表的な機器です。この手術は、腹部に小さな穴をあけ、内視鏡でおこなうため患者負担が少なく回復も早いことが特徴です。ぜひご視聴ください

 

膵がんの先進的な治療について紹介する「膵臓がん先進医療シリーズ(Advanced Medical Therapy)」がスタートしました。パンキャンジャパンでは、米パンキャン本部と一緒に皆様の治療の選択肢が増えるよう、膵がんを抑えるよい治療が見つかるよう、継続して膵がん撲滅活動を続けております。皆様が元気に過ごすことができますよう、皆様とご一緒に膵がん研究者を支援して、膵がん撲滅活動を進めることができれば幸いです。

 

 

【パンキャンTV】膵臓がんMeet The Expertシリーズー膵がん治療の最前線

パンキャンTV(PanCAN TV) 膵臓がんMeet The Expert シリーズ 膵がん治療の最前線

国立がん研究センター東病院の先生方による「膵臓がんMeet The Expertシリーズ」は、患者さんとご家族が知っておくと得する『膵臓がんの医療知識』をまとめた基礎講座です。全部で6つの講座から構成されています。下記のサムネイルをクリックしますと視聴することができます。

 
PanCAN TV MTE thumbnail 1 ikeda

【化学療法】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―早期発見からゲノム医療までー「化学療法」についてとなります。国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科の池田先生より、ご講演いただきます。抗がん剤を用いた化学療法は、新しいお薬の開発が進み、最近では多くの抗がん剤から選択できる様になりました。1次治療としてどのような抗がん剤を選択したら良いのか、また、2次治療の抗がん剤についても詳しく解説しています。また、2年前にスタートしたゲノム医療ですが、その進歩も目覚ましく、がん遺伝子パネル検査の結果からがん遺伝子変異にマッチした、良く効くお薬を選択して治療をする新しい治療の形も始まっています。この点についても最新状況を解説されています。多くの膵がん患者さんが使われる化学療法について、是非ご視聴ください。

PanCAN TV MTE thumbnail 2 Gotoda  

【外科療法】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―「外科療法」についてとなります。国立がん研究センター東病院 肝胆膵外科の後藤田先生より、ご講演いただきます。以前は手術適応となり患者さんは全体の2割でしたが、最近は、局所進行膵臓がんの患者さんのみならず転移性膵がんの患者さんでも強力な膵臓がんの多剤併用療法(一次治療)を受けることで手術が適応可能となるケースがでてきました。外科療法の治療成績は、新しい抗がん剤を組み合わせた多剤併用療法が導入され、(術前化学療法、術前化学放射線療法、さらに術後の補助化学療法により)大きく改善されてきています。また、膵臓がんに内視鏡手術やロボット支援下手術が保険償還されたことにより、一定の条件のもとで行われるようになってきました。多くの膵がん患者さんが使われるようになってきた外科治療のやさしい解説について、是非ご視聴ください。

PanCAN TV MTE thumbnail 3 Sakamoto

【患者さんを支える情報と制度】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―「患者さんを支える情報と制度」についてとなります。国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センターの医療ソーシャルワーカーの坂本先生に登壇いただきます。膵臓がんの患者さんやそのご家族にとり、チーム医療を活用することが予後を改善するためには重要な要素となります。しかし、残念なことに、通常のがん医療では、なかなかチーム医療について、診断時に手ほどきを受ける機会がありません。チーム医療では一番進んでいる施設のひとつである国立がん研究センター東病院において、患者さんがより良い治療、トータルケアを受けることが出来るようサポートしてきた坂本先生が、サポートを手厚く行う仕組みや制度、最新の情報や入手の仕方などをわかりやすく解説してくださります。それでは坂本先生の講座をご視聴ください。

PanCAN TV MTE thumbnail 4 Kobayashi  

【病気との上手な付き合い方】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―「病気との上手な付き合い方」となります。国立がん研究センター東病院 がん看護専門看護師の小林先生より、知っていると得する病気との上手な付き合い方についてご講演いただきます。病気と向き合うために患者さんご本人がどのように治療や生活に気をつけて行けば良いか、どのような気持ちでいることが良いのか、また、患者さんが副作用や特に痛みと上手に付き合う方法、さらに患者さんだけでなく、患者さんのQ O L(生活の質)向上について、さらに患者さんを支えるご家族のためのヒントなど、わかりやすく解説してくださります。小林先生の講座をご視聴ください。

PanCAN TV MTE thumbnail 5 Chitose 

【がんと食事】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―「がんと食事」となります。国立がん研究センター東病院 栄養管理室長の千歳先生より、お話を聞きます。抗がん剤治療もさることながら普段の生活に欠かせないのが食事です。膵がんの患者さんが治療を行いながら、どのような食事をしながら栄養管理を行なってけば体重減少に苦しむことなく治療を続けることができるのか、疑問や不安もあることと思います。毎日の事ですので最善な食事は何かとわからないことがたくさんあると思います。ご家族とともに、普段の生活においての栄養管理の注意点や具体的な食事のメニューなどについて詳しく解説して下さります。また、“食べる”心構えや副作用など体調が悪い時の食事についてなどもわかりやすく説明して下さりますので、患者さんの現在の状況と照らし合わせてご覧いただき、良いヒントが得られればと思います。それでは千歳先生の講座をご視聴ください。

PanCAN TV MTE thumbnail 6 Hiraoka 

【膵がんと遺伝】

講演のテーマは、膵がん治療の最前線―「膵がんと遺伝」となります。国立がん研究センター東病院 遺伝子診療部門 認定遺伝カウンセラーの平岡先生よりお話いただきます。遺伝によって発症する遺伝性腫瘍、近親者に罹患歴がある場合の家族性膵がん、近年大いに進化し期待が持たれるがんゲノム医療と遺伝疾患について、さらに、偶然、遺伝性の遺伝子変異が発見された時どのように考え、家族についての対応はどう進めていけば良いかなどについても説明します。また、詳しくアドバイスして下さる遺伝カウンセラーとのアポはどうしたらよいのか、遺伝カウンセリングはいつ受けたらよいのかなど、わかりやすく解説します。それでは平岡先生の講義を是非ご視聴ください。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider