Seminar

NEW 10月9日第57回日本胆道学会学術集会・市民公開講座を開催します

biliary tract

[NEW] 10/9 日本胆道学会学術集会・市民公開講座を開催いたします』


膵臓がんと同じく難治性がんの1つである「胆道がん」。10月9日(土)に、第57回日本胆道学会学術集会・市民公開講座を開催いたします。

この数年で大きく前進した胆道がんの治療法の最前線をやさしく説明する第57回日本胆道学会学術集会(10月7・8日開催)の市民公開講座です。胆道がん治療のトップランナーによる、まさに胆道がん治療の最新情報になる予定です。今回は、診断、化学療法・ゲノム医療、外科療法、心のケア、食事と栄養、社会制度、と患者さんとご家族が知らないと困る、知っておきたい包括的な内容の公開講座となります。大変充実した内容でおおくりいたします。どなたでもご参加可能。ご興味のある方は以下をご参照ください。


■胆道がんセミナー:第57回日本胆道学会学術集会 市民公開講座
・日時 2021年10月9日(土)13:00~15:30
・形式 Webセミナー(Zoomでの開催を予定)
・参加 無料
・お申込み  *事前のお申込みが必要です
 https://ws.formzu.net/fgen/S40175319/

続きを読む...

9月12日(土)Web講演会『患者・市民・医療者をつなぐ膵がん診療ガイドライン2019 の解説」を読み解く~

ZOOM seminar Sep 12 chirashi

9月12日(土)膵がん診療ガイドライン改訂委員会 各部門チーフが解説する
『Web講演会『患者・市民・医療者をつなぐ膵がん診療ガイドライン2019
の解説」を読み解く~』

「がん診療ガイドライン」は、日本の医療者向けに学会等を中心に作成されるもので、がん診療・治療に関するガイドラインをまとめで、治療の羅針盤となるような貴重なものです。「膵癌診療ガイドライン2019年版」は、3年ぶりに改訂され、前回と比較し、激変する研究や治療法を含み、多くの改訂がなされています。

今回、膵癌診療ガイドラインの各グループのチーフ(グループ長)である国内でトップクラスの専門医が登壇くださり、情報を必要とする患者・家族の皆様へ、直接、改訂のポイント等を解説してくださいます。

5年生存率が40年の間、1ケタ台を経緯している 膵臓がんですが、抗がん剤をはじめとし、少しずつ生存率が上がってきています。さらに多くの方に、よりご自分に適した治療に出会い、正しい情報を得ていただくことを主眼とした「初のガイドライン主要メンバーによる患者向けセミナー」です。

zoom seminar sep 12 chirashi speakers

■主催  膵癌診療ガイドライン改訂委員会、NPO法人パンキャンジャパン
■日時  2020年 9月12日(土)開演 16:00  (開場 15:30)
■形式  ZoomによるWebセミナー(ご自宅から参加が可能です)
■参加費 無料  *ZoomのURL配信のため、事前申込が必要です
■定員  100名 (申込受付中。定員枠を広げましたので、ご参加いただけます)
■申込み方法  
 以下のリンクをクリックしてお申込みください。
申込ページ

続きを読む...

国内ニュース:第1回 希少がん患者サミット開催

RCSummit 20190427 2 small

第1回 希少がん患者サミット開催
 診療ガイドラインに患者の参画を訴える

著者 小崎丈太郎

2019年4月27日


 一般社団法人日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)は2019年4月27日、国立がん研究センター築地キャンパス新研究棟大会議室を会場に「第1回希少がん患者サミット~これまでの希少がん、これからの希少がん~」を開催した(共催、国立がん研究センター希少がんセンター)。5大がんに比べて、治療技術の開発や診療体制の整備が遅れている希少がん医療の底上げをどのように図るべきか。専門家と希少がん患者やその家族とが協議した。

続きを読む...

2019年4月13日(土)「パープルリボンセミナー千葉~膵臓がん治療の最前線~」

『[イベント] 千葉支部 4月13日(土)「パープルリボン医療セミナー千葉2019 ~膵臓がん治療の最前線~」開催』
昨年設立のパンキャン千葉支部の初めてのイベントです! 今回は、千葉県がんセンターとの共催で、日進月歩する すい臓がん治療の最前線をご講演いただきます。膵臓がんの外科治療、内科治療をはじめ、進行膵がんの中でも、転移のないすい臓がん、転移のあるすい臓がんについての治療や、今注目されるゲノム医療、また千葉の放医研から山田先生をお迎えして 急進するすい臓がんの重粒子線治療の最前線をおおくりいたします。イベントでは、 金井弘子 千葉支部長からのメッセージもお送りいたします。ご興味のある方はぜひご参加ください。お席が限られておりますので、お早めのお申込みをお勧めいたします。

続きを読む...

2019年4月13日(土)「パープルリボン医療セミナー千葉~膵臓がん治療の最前線~」

Purple Ribbon seminar Chiba logo 2019

2019年4月13日(土)「パープルリボンセミナー千葉 ~膵臓がん治療の最前線~」

昨年設立のパンキャン千葉支部の初めてのイベントです! 今回は、千葉県がんセンターとの共催で、日進月歩する すい臓がん治療の最前線をご講演いただきます。膵臓がんの外科治療、内科治療をはじめ、進行膵がんの中でも、転移のないすい臓がん、転移のあるすい臓がんについての治療や、今注目されるゲノム医療、また千葉の放医研から山田先生をお迎えして 急進するすい臓がんの重粒子線治療の最前線をおおくりいたします。
イベントでは、 金井弘子 千葉支部長からのメッセージもお送りいたします。ご興味のある方はぜひご参加ください。お席が限られておりますので、お早めのお申込みをお勧めいたします。

続きを読む...

2019年2月24日(日)膵臓がん・膵神経内分泌腫瘍医療セミナー2019@広島 

 HiroshimaSeminar2019

■膵臓がん・膵神経内分泌腫瘍医療セミナー2019@広島 
~膵臓がんと膵内分泌腫瘍の最前線~

主催:NPO法人パンキャンジャパン、NPO法人パンキャンジャパン広島支部
協力:広島がんサポート

日時:2019年2月24日(日)14:00(開場13:30)
会場:広島YMCA国際文化センター 本館 402号室
  (広島市中区八丁堀7-11)
アクセス: http://www.hymca.jp/hall/place/main_building/
参加費:無料  

 ■参加するには事前のお申込みが必要です。

 下記の事前登録ボタンをクリックしてお申込みください

 application

続きを読む...

2018年 6月16日医療セミナー「諦めないがん治療〜腹水治療」

2018年 6月16日『医療セミナー「諦めないがん治療〜腹水治療」』

本イベントは、NPO法人パンキャンジャパンと認定NPO法人がんサポートコミュニティー両法人の賛助会員限定の医療セミナーです。

腹膜は、胃や肝臓といった腹部の臓器の全体もしくは一部を覆っている薄い半透明の膜で、ここにがん細胞が広がることにより、腹膜がある腹腔内に液体(水分)がたまることがあります。これが腹水です。腹膜播種の治療は抗がん剤が中心となりますが、治療法はまだ確立されておらず、先進医療による臨床研究が現在行われております(先進医療のコラムを参照ください)。また腹水のコントロールについても、腹水にタンパク質を含む栄養分を含む体液であるため、貯留するのか除去するかも思案する点になっています。今回は、腹水の治療を手掛ける専門の医師にご講演いただき、腹水コントロールの1つの案として、ご参考にしていただければと存じます。詳細は、下記をご参照ください。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider