Seminar

  vision-logo  

2014年8月30日(土)12:30開場, がん研有明病院 吉田富三記念講堂 

 “アジアン・ディジーズ(アジア特有の病気)”として知られる胆道がんは、日本をはじめとした東アジアやインドに多いと言われ、日本では年間の罹患者が約2万人と言われています。
 この度、がん研有明病院(門田守人 病院長)にご協力いただき、同病院の肝胆膵の専門医をお迎えし、下記の医療セミナーを開催することになりました。「胆道がん治療の最前線」について肝胆膵の専門医にご講演いただき、その後のパネルディスカッションで、参加者の皆様の質問に答えていただきます。ぜひこの機会に、治療法の選択肢や、今後期待できそうな治験など、胆道がんの最新療法について学んでください。
application

 

続きを読む...

 

prc2014WakayamaTitle



~標準療法の最前線からがんペプチドワクチンまで~
2014年6月14日(土)13:00開場, 和歌山県立医科大学講堂

主要ながんのなかで最も生存率の向上が望まれている「膵臓がん」。日本では推計2万人以上が毎年「膵臓がん」と診断され、多くは余命約3〜6カ月と宣告されます。「膵臓がん啓発パープルリボン2014」は、「膵臓がん」の早期発見・早期治療、標準治療の重要性の全国的な普及・啓発を目的としたものです。患者・家族、マスメディア、医療関係者に加え、一般の方々のご参加もお待ちしております。

定員300名(無料)。お席に限りがあります。事前登録のうえご参加ください。
application

 

■プログラム:膵臓がん啓発パープルリボンセミナー(膵臓がん市民公開講座:膵臓がん治療の最前線)

 基調講演 第1部 

和歌山県立医科大学 外科学第2講座 准教授 谷 眞至
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 廣野 誠子
関西医科大学付属牧方病院 外科講座 講師 柳本 泰明
九州国際重粒子線がん治療センター 篠藤 誠
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 宮澤 基樹
一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会 代表 會田 昭一郎
NPO法人パンキャンジャパン 眞島 喜幸

パネルディスカッション  第2部

「すい臓がんに光をあてる〜標準治療の最前線からペプチドワクチンまで〜」


■定員:定員300名(無料)

■日時:2014年6月14日(土)13:30(13:00開場)

■会場:和歌山県立医科大学講堂 和歌山市紀三井寺811−1

お申込み方法: インターネットapplication FAX 03-3221-1422

■共催 第26回日本肝胆膵外科学会、NPO法人パンキャンジャパン

■特別協力 一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会

■協賛 日本イーライリリー、アボットジャパン株式会社 ほか

■後援 日本膵臓学会、和歌山市、和歌山県医師会、和歌山市医師会

 

 
※質問、リンク、取材のご希望はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へお問い合わせください。

 

PRC kokuraTitle

2014年7月13日(日)12:30開場, 北九州国際会議場1Fホール

共催:第43回日本膵臓学会, NPO法人パンキャンジャパン

続きを読む

 

prc2014WakayamaTitle



~標準療法の最前線からがんペプチドワクチンまで~
2014年6月14日(土)13:00開場, 和歌山県立医科大学講堂

主要ながんのなかで最も生存率の向上が望まれている「膵臓がん」。日本では推計2万人以上が毎年「膵臓がん」と診断され、多くは余命約3〜6カ月と宣告されます。「膵臓がん啓発パープルリボン2014」は、「膵臓がん」の早期発見・早期治療、標準治療の重要性の全国的な普及・啓発を目的としたものです。患者・家族、マスメディア、医療関係者に加え、一般の方々のご参加もお待ちしております。

定員300名(無料)。お席に限りがあります。事前登録のうえご参加ください。
application

 

■プログラム:膵臓がん啓発パープルリボンセミナー(膵臓がん市民公開講座:膵臓がん治療の最前線)

 基調講演 第1部 

和歌山県立医科大学 外科学第2講座 准教授 谷 眞至
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 廣野 誠子
関西医科大学付属牧方病院 外科講座 講師 柳本 泰明
九州国際重粒子線がん治療センター 篠藤 誠
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 宮澤 基樹
一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会 代表 會田 昭一郎
NPO法人パンキャンジャパン 眞島 喜幸

パネルディスカッション  第2部

「すい臓がんに光をあてる〜標準治療の最前線からペプチドワクチンまで〜」


■定員:定員300名(無料)

■日時:2014年6月14日(土)13:30(13:00開場)

■会場:和歌山県立医科大学講堂 和歌山市紀三井寺811−1

お申込み方法: インターネットapplication FAX 03-3221-1422

■共催 第26回日本肝胆膵外科学会、NPO法人パンキャンジャパン

■特別協力 一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会

■協賛 日本イーライリリー、アボットジャパン株式会社 ほか

■後援 日本膵臓学会、和歌山市、和歌山県医師会、和歌山市医師会

 

 
※質問、リンク、取材のご希望はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へお問い合わせください。

難治性がん医療セミナー・膵臓がん編
がん研有明病院スペシャル〜進化のビジョン2020〜

  vision-logo  

2014年5月24日(土)13:30開場, がん研有明病院 吉田富三記念講堂 

 我が国では高齢化が進み、難治性がんの筆頭である膵臓がんに罹る人が年間3万人を突破しました。過去40年間、膵がんの5年生存率は一桁台のまま変わらず、いまがんのなかで一番改善が求められているのが膵臓がんです。幸いなことに、状況が動かなかった膵臓がんに近年変化の兆しがみえてきました。いま、膵臓がんの化学療法・外科療法に新しい風が吹きはじめています。 この度、がん研有明病院の肝胆膵専門医を講師にお迎えし、下記の勉強会を開催することになりました。最も効果が期待できる最新の治療はもとより、皆様の質問に講師の先生方に答えていただく質疑応答の時間も用意しています。ぜひ、この機会にどのような選択肢があるのか、自分には何がベストなのか、今後期待できそうな治験(薬剤)について学んでください。

※定員150名。
(定員に達しました。現在当日受付はございませんのでご留意ください。)
closed

 

 

続きを読む...

2014年4月20日(日)膵臓がん啓発パープルリボンセミナー2014 in 静岡(終了)

  thumb PRC2013 640logo  

2014年4月20日(日)12:30開場, 日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎 

膵臓がん市民公開講座:膵臓がんに光をあてる

主要ながんの中でも最も生存率の向上が望まれている「すい臓がん」。日本ではすい臓がんの患者さんは年々増加しており、がんによる死因の5位に位置するようになっています。一方で、近年すい臓がんの知亮の研究は進歩を遂げています。そこでこの度、NPO法人パンキャンジャパンと静岡がんセンターとの共催で、皆様に最新で正しい知識を提供することを目的にセミナーを開催いたします。

パンキャンジャパンが膵がん患者さんとそのご家族に自信を持ってプレゼントする最前線セミナーです。お席に限りがありますので、早目にお申し込み下さい。定員になり次第、締め切らせていただきます。 

必ずご参加いただきたい有益な情報が満載です。

■主催 NPO法人パンキャンジャパン

■共催 静岡がんセンター

■後援 厚生労働省・文部科学省・日本医師会・静岡県・三島市

満員御礼:受付を締切ました。ありがとうございました。

application

第3回NET患者フォーラムin福岡

※残席わずかとなっております。
2014年1月26日(日)11:00~16:00
会場:アクロス福岡 6階608会議室
〒810-0001 福岡市天神1-1-1  TEL 092-725-9113 http://www.acros.or.jp
参加費:2000円(昼食・資料代)
※当日受付時に徴収します。参加者には記念品を贈呈させていただきます。
 
受付開始:10:30    開演:11:00

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider