StudySession

2019年1月20日(日)第3回膵全摘患者家族の会 13:00~

wagehoperibbons

2019年1月20日(日) 第3回 膵全摘患者家族の会を開催いたします
すい臓がんの外科手術の中で、全摘出をされた方は、血糖値のコントロールやインシュリンの投与など、全摘ならではの悩みをお持ちです。
この度、すい臓がんの全摘出手術をされた方を対象に第3回目の膵全摘患者家族の会を開催いたします。該当の方はぜひご参加いただければと存じます。

■第3回 膵全摘患者家族の会
・日時 2019年1月20日(日) 13:00~
・場所 パンキャンジャパン 3F会議室
 (東京都千代田区富士見 1-12-1 3F)
・参加費 賛助会員 500円/非会員 1500円
 (お飲み物、お菓子付き)
・お申込み
 *下記メールに「お名前、住所、電話番号、全摘の時期」等をお書きいただき、お申込みください。
 メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

全摘ならではのお話を、皆さんとシェアしたいと考えています。ご参加お待ちしております。

2018年12月22日「膵臓がん勉強会クリスマス・スペシャル」

xmas special band

『ゲノム医療元年について紐解く「膵臓がん勉強会クリスマス・スペシャル」のご案内』

クリスマスの恒例となった「膵臓がん勉強会クリスマス・スペシャル」。今年は12月22日(土)に開催いたします。来年は膵臓がんのゲノム医療元年となります。膵臓がん患者には、免疫療法であるオプチーボのようなチェックポイント阻害剤は使えませんと言われてきましたが、いまや膵臓がん患者を対象として多くの免疫療法を使った臨床試験が行われるようになりました。ゲノム医療がスタートすると膵臓がん患者としてどのようなベネフィットが期待できるのでしょうか。

膵臓がんの治療法は、研究者、医療者の努力により、画期的に進歩してきています。医療現場において適切な診断と治療を目的として、病気の診断・治療・予後予測など診療の根拠や手順についての最新の情報を示した指針が「診療ガイドライン」ですが「2019年度版」についての方向性の解説をはじめ、「膵癌に対する免疫チェックポイント阻害薬の効能、限界と今後の期待」等について、今後の激変する治療法への考え方等について解説いただきます。毎年、新薬の説明を中心に開催されてきたクリスマススペシャルは、翌年に向けての治療法学習の決定版です。パンキャンでは1年の最後に多くの情報を得ていただけますよう、会場にてお待ちしております。(今年は会場により、定員が限られていますので、お早めにお申込みください。)

続きを読む...

2019年 9月7日 静岡支部「すい臓がん ティーサロン」開催』

『[イベント] 9/7 静岡支部「すい臓がん ティーサロン」開催』


パンキャン静岡支部のイベントです。がんの治療中には、患者さんにも、支えるご家族にも さまざまな気持ちが去来します。誰かに話しても、同じ局面にいないとわからないこともたくさんあります。
静岡支部では、ティーサロンの形で、今困っていることや悩んでいることなど、何気ない時間の中でお話ができる空間を、すい臓がんの患者さん・ご家族のためにご用意しています。ご興味のある方はぜひご参加ください。

続きを読む...

2018年9月24日 第2回膵全摘患者家族の会

wagehoperibbons

2018年9月24日 第2回膵全摘患者家族の会を開催いたします
すい臓がんの外科手術の中で、全摘出をされた方は、血糖値のコントロールやインシュリンの投与など、全摘ならではの悩みをお持ちです。
この度、第2回目の全摘の会を開催いたします。すい臓がんの全摘出手術をされた方を対象に開催いたしますので、該当の方はぜひご参加いただければと存じます。

第2回膵全摘患者家族の会
・日時 2018年9月24日(月・祝) 13:00~
・場所 パンキャンジャパン 3F会議室
 (東京都千代田区富士見 1-12-1 3F)
・参加費 賛助会員 500円/非会員 1500円
 (お飲み物、お菓子付き)
・お申込み
 *下記メールに「お名前、住所、電話番号、全摘の時期」等をお書きいただき、お申込みください。
 メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

全摘ならではのお話を、皆さんとシェアしたいと考えています。ご参加お待ちしております。

2018年5月27日(日)難治性がん啓発キャンペーン2018@札幌

sapporo 2018 2

【第1部】啓発イベント「肺がんとすい臓がんのことを知ってほしい」

「難治性がん啓発キャンペーン2018」のイベントとして、2018年5月27日(日)に第1部「肺がんとすい臓がんのことを知ってほしい」と題した啓発イベントをチ・カ・ホ(札幌駅前通地下広場)で、6月23日(土)に第2部医療セミナー「特別講演 がんのゲノム医療~がん患者ひとりひとりに合った治療法~」を、かでる2.7で開催いたします。

 

【第1部】     啓発イベント「肺がんとすい臓がんのことを知ってほしい」
日  時 : 2018年5月27日(日)  10:00~17:00 
場  所 : チ・カ・ホ札幌駅前通地下広場(札幌市中央区北3条西3丁目1 ビッセ下)

 

続きを読む...

2019年8月23日 医療者向け「福岡・浮羽医師会主催―JA尾道総合病院 花田先生による 医療者向け すい臓がん早期発見勉強会」参加者募集』

『8/23 医療者向け「福岡・浮羽医師会主催―JA尾道総合病院 花田先生による 医療者向け すい臓がん早期発見勉強会」参加者募集』

構造的にも難しいがんとして難治性のがんの筆頭に上がる「すい臓がん」。いかに早期に、いかに早く適切な治療につなげるか。患者さん・ご家族と同じように、医療者にも大きな課題です。今回、福岡県・浮羽医師会がご尽力くださり、すい臓がんの早期発見で著名なJA尾道総合病院 診療部長/内視鏡センタ-長の花田敬士先生をお迎えしての「医療者向け すい臓がん早期発見勉強会」が開催されることになりました(花田先生は、パンキャン広島支部の顧問でもいらっしゃいます)。

続きを読む...

2018年3月21日(祝)初級編『すい臓がん勉強会 スプリングスペシャル in 東京』(満員御礼)

3月21日(祝)国立がん研究センター中央病院(東京・築地)  奥坂先生チームとの共催 (満員御礼)
初級編『すい臓がん勉強会 スプリングスペシャル in 東京』

 ncc new center
毎年春に、国立がん研究センター中央病院のがん医療チームをお招きして開催する勉強会。今年は3月21日に、スプリングスペシャルを開催いたします。先生の説明を聞いてもよくわからない、すい臓がんと告知されて間もない方、これからの治療に不安を感じている方、抗がん剤治療ははじめているが、この先が不安な方、腫瘍マーカーのことがよくわからない方、副作用にどのように対策したらよいのよくわからない方、国立がん研究センターの肝胆膵内科が推奨するチーム医療のメリットはなにか、チーム医療を受けているかわからない、この抗がん剤が効かなくなると治療法がないと言われたけどどうしたらよいのか、診断時からの緩和ケアが推奨されているけど、誰に聞けばいいのかわからないなど、すい臓がん患者さの質問に丁寧にお答えする勉強会です。

注:NETならびに胆道がんの勉強会は別途設けさせていただくことになりましたのでご了承ください。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider