羽鳥, 羽鳥,

  • 海外ニュース:イリノテカンリポゾーム(オニバイド)がNCCN膵癌診療ガイドラインに採択される

    イリノテカンリポゾーム注射液(商品名:オニバイドOnivyde)が2016年版NCCN膵癌診療ガイドラインに採択される

     

    2016年5月24日

     

    Merrimack社は、イリノテカンリポゾーム注射液(商品名:オニバイドOnivyde)+フルオロユラシル (5-FU)+ロイコボリン併用療法が2016年版NCCN診療ガイドライン(2016 NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology)に、ゲムシタビン耐性の進行膵がん患者さんのセコンドライン治療として表記されたと発表した。この併用療法は、エビデンスレベルが一番高い「カテゴリー1」が与えられている。

    「ゲムシタビンを使用した治療に耐性ができた患者のための唯一のFDA承認を受けた治療法として、治療法が限られた患者のアンメットニーズに答えるものである」とMerrimack社のスポークスマンは語った。

  • 羽鳥先生を囲む会, 6月28日,13:00, パンキャン本部


    東京, 2015年6月28日(日)13:00〜15:00
    進行がん・術後の方、ご家族を主に対象

    NPO法人パンキャンジャパン本部
    東京都千代田区富士見1−12−1
    QDAN1991ビル 3F会議室

    少人数制サロン

    この度、日本を代表する膵臓外科医の羽鳥隆先生が国際医療福祉大学教授に就任されました。そのお祝いもかねて「羽鳥先生を囲む会」を来る6月28日東京都千代田区パンキャン本部にて開催いたします。羽鳥先生にご質問のある方、患者・家族の方など、この機会にふるってご参加ください。人数が非常に限られておりますので、早めのお申込みをお願いいたします。


    今回の患者・家族のサロンは、国際医療福祉大学三田病院に6月1日より就任されました羽鳥隆先生にお越しいただきご講演頂きまして、その後で質疑応答の時間をもうけております。今回は小人数制をとっておりますので、ご質問・ご相談のある方はふるってご参加ください。

     

    takashi hatoriゲスト:羽鳥 隆(はとり・たかし)
    Takashi Hatori

    国際医療福祉大学教授 外科・消化器センター(消化器外科、肝胆膵外科)

    肝臓、胆道、膵臓の疾患に対して、外科治療を中心に行っている。特に、膵疾患に対しては膵がん、膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵神経内分泌腫瘍をはじめとする良性疾患から悪性疾患まで、さまざまな診療を行い、臓器機能の温存や患者様の生活の質(QOL)に配慮した外科治療を心がけている。

     

     

    参加人数

    14名(事前登録)

     

    参加・資料代

    個人賛助会員と同伴 5,000円/一般 10,000円

     

    アクセス

    最寄り駅:JR飯田橋駅, 東京メトロ飯田橋駅, 九段下駅
    〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-1 Q-DAN1991

    地図を見る
    このビルに駐車場はございません。最寄りのコインパーキングをご利用ください。

     

    参加方法

    事前登録が必要になります。キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。

    1)インターネットによるご登録>>こちらからご登録くださいapplication

    2)電話によるお申込み。>>03-3221-1421(火曜〜金曜日:午後1時〜5時)

    ※本記事の無断転載を禁じます。転載、リンク、取材のご希望はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へお問い合わせくださ

    ※参加者のプライバシーついては弊社プライバシーポリシーに則って秘密を厳守いたします。

     

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider